令和3年(2021年)の本城寺の鬼子母神祭について

令和3年の本城寺鬼子母神祭ですが、例年通り開催する運びとなりました。

新型コロナウイルスの感染者数も落ち着いてきており、感染対策をしっかりと行いながらの開催となります。

以下、詳細をお伝えしていきます。

鬼子母神祭・御取子のご祈祷について

祈禱の様子

令和3年の鬼子母神祭の御取子のご祈祷についてですが、以下のような感染対策を講じた上で行います。

  • 僧侶がマスク(フェイスシールド)を着用。
  • 1回にお堂に入場できる人数を10名に制限。
  • お堂の入り口に消毒液を設置。
  • ご祈禱を受ける方にはマスクの着用をお願い。

 

MEMO

御取子(おとりこ)とは

鬼子母神祭りはお子様の健康な発育を祈るお祭りです。

特に0歳から小学校入学前のお子様を御取子(おとりこ)と呼び、鬼子母神様のご加護をしっかりと受けられるようにご祈祷を行っております。

御取子としてご祈祷を受けたい方は、鬼子母神堂前の受付で申し込みをして頂きます。

※御取子のご祈祷は小学校入学まで毎年行うものです。

※ご祈祷料は2000円です。

露天商の出店について

露店商

令和3年の鬼子母神祭においては露店商が出店されます。

 

下記図にて赤マーカーで示した部分が交通規制となります。

交通規制のエリア

交通規制の時間は令和3年11月12日(金)の正午から22時までとなっております。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力頂ければ幸いです。

万灯行列について

令和3年の万灯行列は開催されます。

 

下記のコースを万灯行列が進みます。

 

万灯行列に伴い、太鼓と纏(まとい)が披露されます。

太鼓と纏については参加者募集中ですのでふるってご参加ください。

令和3年(2021)の鬼子母神大祭 太鼓や纏の募集について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です