群馬県檀信徒協議会総会・檀信徒研修道場が開催されました!

こんにちわ。本城寺です。

9月4日に本城寺にて群馬県檀信徒協議会総会と檀信徒研修道場が開催されましたので、そちらについてご報告させていただきます。

群馬県檀信徒協議会総会

9月4日本城寺にて群馬県檀信徒協議会の総会が開催されましたので、その報告をさせて頂きます…の前に多くの皆さまが感じていらっしゃる疑問にお答えしておきます。

 

その疑問とは…「群馬県檀信徒協議会ってなあに?」という極々素朴なものです(笑)

檀信徒協議会とは「日蓮宗の各お寺の総代さんや世話人さん(要は役員の方々ですね)が集まって作られている組織」です。檀家様・信者様の立場から日蓮宗・お寺をサポートするというのがその趣旨であります。

檀信徒協議会は実は各県毎に存在しておりまして、もちろん群馬県にも存在します。9月4日には本城寺にて、群馬県の檀信徒協議会の総会が行われたという形になりますね。

 

総会では本城寺住職・田村照明の挨拶の後に、同じく本城寺総代を務める吉田一男様が今年5月に行われたマレーシアでの行事の報告や決算報告が行われました。

群馬県檀信徒協議会総会 開会

住職の挨拶の様子。

 

檀信徒協議会総会の参加者の面々

総会にご参加頂きました方々です。非常に真剣に聞いてくださっております。

檀信徒研修道場

9月4日は、群馬県檀信徒協議会総会に引き続き、檀信徒研修道場も行われました。

 

と、話を進める前にここでも確認しておきましょう(↓)

檀信徒研修道場とは「檀信徒の修行の場」です。修行と言っても山にこもって行うようなものではなく、信者の皆さまがどこかのお寺に集まって修行するものです。「研修道場」という名前の通り、研修のような感じで行われます。

当日は講師として小野文珖先生をお招きさせて頂き、法華経についての講義を頂いた後、先師法要、写経行、唱題行を行いました。

 

小野文珖先生

小野文珖先生による講義の様子。

 

唱題行の様子

唱題行の様子。

 

皆様、とても真剣に取り組んで頂きました!

写経については時間が足りず、宿題となってしまった方が多かったのですが、法華経を書写する事は大変功徳がある修行です。ご自宅でもぜひ取り組んで見てくださいね。写経はやり終えたらとても達成感があるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です